ビジネスシーンにおすすめのメンズ香水10選




本記事では、ビジネスシーンにおすすめのメンズ香水についてご紹介する。

男性の皆さんは、ビジネスシーンで使用する香水をどのように選ばれているだろうか。

香りはその人の印象を大きく左右する要素であり、デキるビジネスマンこそ、自身の演出したい雰囲気を、香水を活用することで巧みに演出している。

逆に、自分の好きな香りだからという理由で、プライベートシーンで使用する香水をつけていると、ビジネスシーンでは、意図しない印象を与えてしまい、自身にとって望まない結果を招いてしまう可能性もある。

そこで本記事では、ビジネスシーンで効果的となる香りと、その印象を演出するために有用な香水についてご紹介する。

ぜひ本記事を参考に、仕事もデキるかっこいい男性を目指していただきたい。

ビジネスシーンで効果的な香りとは?

ビジネスシーンで効果的な香りと言われているが、「爽やかで清潔感のある香り」と「重厚感のある香り」である。

好印象を勝ち取るなら「爽やかで清潔感のある香り」

「爽やかで清潔感のある香り」は、特に初対面の相手などから信頼を勝ち取る上で非常に有効であり、好印象を抱きやすいと言われている。

また、「自分の身なりに気を遣える」=「仕事をしっかりと遂行してくれそう」という印象を与えることができる。

こうした「爽やかで清潔感のある香り」を手に入れるために、シトラス系の香水をおすすめしたい。

信頼感を醸成するなら「重厚感のある香り」

一方、「重厚感のある香り」は、大人の風格と余裕を演出してくれるため、よりハードルの高い仕事を勝ち取るシーンなどで有効である。

特に、目上の方と接するシーンなどでは、より信頼感を醸成するために効果を発揮してくれる香りである。

こうした「重厚感のある香り」を手に入れるために、ウッディ系の香水をおすすめしたい。

ビジネスシーンでおすすめのメンズ香水

以下では、ビジネスシーンでおすすめしたいシトラス系香水とウッディ系香水について、それぞれご紹介していく。

シトラス系香水

1. ミスターマーヴェラス|Byredo(バレード)

バレード オードパルファンミスターマーヴェラス 100ml

バレード オードパルファンミスターマーヴェラス 100ml:クリックでAmazon商品ページ

まずご紹介する製品は、バレードの「ミスターマーヴェラス」だ。

「ミスターマーヴェラス」は、カルバン・クラインなどのヘアを手掛ける稀代のヘアスタイリスト、Christiaan Houtenbosにインスパイアされた香りだ。

マンダリンの葉、ネロリの花、緑のラベンダー、竹などの清々しく透明感のある香りに、ウッド系のスモーキーさがほのかに残る香水である。

爽やかさの中に知性も感じさせる香りで、ビジネスシーンにぜひおすすめしたい香水となっている。



2. ベチバー|GUERLAIN(ゲラン) 

ゲラン ベチバー EDT SP 100ml [並行輸入品]

ゲラン ベチバー EDT SP 100ml [並行輸入品]:クリックでAmazon商品ページ

次にご紹介する製品は、1959年にジャン・ポール・ゲランによって創作された初のフレグランスであるゲランの「ベチバー」だ。

「ベチバー」は、フレッシュさと温かさ、調和と個性といった、自然の中の相反する二面性を表現しており、「爽やかな清潔感のある香り」の中に、落ち着きのある、エレガントな香りが隠れている。

「爽やかさを押しすぎると若さが出てしまうのが心配だ」という男性にも、ビジネスシーンでお使い頂ける香水となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です